特許権の専用実施権設定契約書

特許権の専用実施権設定契約書

特許権の専用実施権設定契約書

 

○○(以下、「甲」という。)と○○(以下、「乙」という。)は、甲の所有する特許権について乙に対して専用実施権を設定することに関し、次の通り合意した。

 

第1条(対象)
本契約の対象は、下記の特許権(以下、「本特許権」という。)である。
特許登録番号 第    号
発明の名称  「     」

 

第2条(専用実施権の範囲・対価)
本特許権の専用実施権の範囲及びその対価の支払いに関しては、下記の通りとする。
@ 実施地域:
A 実施期間:
B 実施内容:
C 対価の額:
D 支払方法:
E 支払時期:

 

第3条(登録)
乙は、本特許権の専用実施権設定の登録手続を自己の負担にて行い、甲はこの手続に協力する。

 

第4条(資料提供)
甲は、本特許権の実施に必要な情報や資料等を乙に提供し、技術支援を行うものとする。

 

第5条(秘密保持)
甲及び乙は、本契約により知り得た相手方の秘密を厳重に管理し、他に漏洩してはならない。

 

第6条(契約の解除)
乙について、次の各号の一に該当する事由が生じたときは、甲は乙に対して何らの通知催告をすることなく直ちに本契約を解除することができる。
@ 専用実施権の対価の支払いを怠ったとき
A 自ら振り出しまたは裏書きした手形または小切手が不渡りとなったとき
B 破産手続、民事再生手続等の申立てを自らなし、または第三者からこれらの申立てがなされたとき
C 差押、仮差押、仮処分等の強制執行を受けたとき
D 公租公課の滞納処分を受けたとき
E その他本契約の条項に違反したとき

 

第7条(信義則)
甲及び乙は、本契約の解釈につき疑義が生じた場合、または本契約に定めのない事項が生じた場合には、お互いに誠実に協議してこれを解決するものとする。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

甲:住所 
氏名             印

 

乙:住所
氏名             印

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(対象)
利用対象となる特許権について明記する。

 

第2条(専用実施権の範囲・対価)
特許権を利用させる範囲、期間、対価等について明記する。

 

第3条(登録)
専用実施権設定の登録手続を行う者と費用負担を定める。

 

第4条(資料提供)
特許権の実施に必要な情報や資料の提供義務についての規定。

 

第5条(秘密保持)
秘密保持義務に関する規定。

 

第6条(契約の解除)
契約を解除する場合の条件を個別のケースに合わせて定める。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。