金銭消費貸借契約書

金銭消費貸借契約書(簡易型)

金銭消費貸借契約書

 

○○(以下、「貸主」という。)と ○○(以下、「借主」という。)は、次の通り金銭消費貸借契約を締結する。

 

第1条(貸借)
貸主は借主に対し、金○○円を貸し渡し、借主は確かにこれを借り受け、受領した。

 

第2条(利息)
利息は、元金に対し年 割 分の割合とする。

 

第3条(弁済期と弁済方法)
借主は、貸主に対し、元金については平成  年  月  日限り、利息については毎月  日限り、いずれも貸主の指定する銀行口座に振り込む方法により支払う。なお、振り込み手数料は借主が負担する。

 

第4条(遅延損害金)
借主が前条の弁済を怠り又は期限の利益を喪失した時は、その時点における元利金の合計額に対し、弁済期又は期限の喪失時から支払期に至るまで、年 割 分の割合による遅延損害金を支払うものとする。

 

第5条(解除)
借主につき、次の場合の一つに該当する事由があったときは、借主は当然に期限の利益を失う。
@ 元金もしくは利息の支払を怠ったとき
A 自ら振り出しまたは裏書きした手形または小切手が不渡りとなったとき
B 他の債務につき保全処分、強制執行、競売又は破産、民事再生等の申立てがあったとき
C 公租公課の滞納処分を受けたとき

 

第6条(管轄裁判所)
本契約に関する一切の紛争については、貸主の所在地を管轄する裁判所をもって第一審の管轄裁判所とすることに合意する。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、双方記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

貸主:住所 
氏名             印

 

借主:住所
氏名             印

<以下各条項の注釈>

 

第1条(貸借)
貸し借りをする金銭の額を明記する。

 

第2条(利息)
利息を取る場合には、利率を記載する。

 

第3条(弁済期と弁済方法)
お金の弁済期(返済期限)を定める場合にはその期限を記載し、利息を取る場合にはその支払時期を記載する。なお、この例では返済方法は銀行振込としている。

 

第4条(遅延損害金)
遅延損害金を取る場合には、その利率も記載しておく。

 

第5条(解除)
解除する場合の条件を取り決めておく。

 

第6条(管轄裁判所)
訴訟になったときの管轄裁判所を定める場合の規定。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。