契約書

契約書のタイトル(表題・題名)

よく「契約書」と似た名前の文書のタイトルとして、「合意書」「協定書」「協議書」「覚書」「念書」「誓約書」などが使われることがあります。

 

一般的には、「契約書」「合意書」「協定書」「協議書」などは複数の当事者が締結する場合に用いられ、「覚書」は別途締結した契約書の一部を変更したり、契約内容の詳細について記載したりする場合に用いられることが多いです。
また、「念書」「誓約書」は一方の当事者が相手方に差し入れる形式でよく用いられます。

 

ただ、タイトルの使用についての決まりはないので、文書の内容を表しているものであればどのようなタイトルをつけても構いません。また、タイトルによって法的な効力に差が生じるわけではなく、その文書の内容によって法的な効力は決まります。

 

ですから、「覚書」や「念書」というタイトルは何となく「契約書」よりも効力が弱いイメージがあるから重要視しなくてもいいということはありませんので、締結をする際には慎重にその文書の内容を吟味しなければいけません。



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。