商品売買契約書

商品売買契約書

商品売買契約書

 

○○(以下、「甲」という。)と○○(以下、「乙」という。)は、○○の売買に関し、次の通り契約する。

 

第1条(目的)
甲は、下記商品(以下、「商品」という。)を乙に売り渡し、乙は、これを買い受ける。
   商品名:
   型式:
   台数:

 

第2条(売買代金)
1. 商品の売買代金は、金   円(消費税込み)とする。
2. 乙は、商品の引渡しを受けた日から  日以内に、売買代金を甲の指定する銀行口座に振り込むものとする。なお、振り込み手数料は乙が負担する。

 

第3条(引渡し)
甲は乙に対して、平成  年  月  日に、乙指定の場所において商品を引渡すものとし、所有権は引渡しのときに乙に移転するものとする。

 

第4条(瑕疵責任)
甲は乙に対して、前条の引渡しの日から 年間は、商品の瑕疵について責任を負うものとし、補修に要する費用は甲が負担する。但し、乙の故意・過失による補修の場合は除く。

 

第5条(商品の交換)
乙は甲に対して、商品の性能が甲より事前に指定された仕様と異なるときは、仕様通りの商品に無償で交換することを請求することができる。

 

第6条(契約の解除)
乙が、第2条に規定する期日までに売買代金を支払わなかったときは、甲は、通知催告を要せず直ちに本契約を解除し、商品を引き揚げることができる。この際の商品の引き揚げに要する費用は、全て乙負担とする。

 

第7条(信義則)
甲及び乙は、本契約の解釈につき疑義が生じた場合、または本契約に定めのない事項が生じた場合には、お互いに誠実に協議してこれを解決するものとする。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

甲:住所 
氏名             印

 

乙:住所
氏名             印

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(目的)
  売主から買主へ販売する商品名・型式や個数等を明示する。

 

第2条(売買代金)
商品の売買代金(消費税の有無など)や代金の支払条件に合わせて書き換える。

 

第3条(引渡し)
引渡しの日時や引渡し方法を定める。所有権移転の時期についても定める。

 

第4条(瑕疵責任)
商品に瑕疵(欠陥など)があった場合の責任についての規定。

 

第5条(商品の交換)
商品の性能が仕様と異なるときの無償交換請求権を認めた規定。

 

第6条(契約の解除)
後々トラブルにならないように、契約解除をする場合の条件を個別のケースに合わせて書き換える。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。