実用新案権譲渡契約書

実用新案権譲渡契約書

実用新案権譲渡契約書

 

○○(以下、「甲」という。)と○○(以下、「乙」という。)は、甲の所有する実用新案権を乙に譲渡するに当り、次の通り契約する。

 

第1条(対象)
甲は乙に対して、下記実用新案権を譲渡する。
実用新案登録番号  第    号
考案の名称    「     」

 

第2条(対価)
1. 乙は甲に対し、譲渡の対価として金  円也を支払うものとする。
2. 乙は、前項の対価を本契約締結の日から 日以内に、甲の指定する銀行口座に振り込むものとする。なお、振り込み手数料は乙が負担する。

 

第3条(移転登録手続)
1. 甲は乙に対して、実用新案権の移転登録手続に必要な書類を、本契約締結の日から 日以内に交付するものとする。
2. 実用新案権の移転登録手続に関する費用やその他一切の費用は、乙が全て負担するものとする。

 

第4条(資料提出)
甲は、実用新案権の実施に必要な情報や資料等を乙に提供し、必要であれば技術指導を行うものとする。

 

第5条(秘密保持)
甲は、譲渡した実用新案権に関する情報を厳重に管理し、他に漏洩してはならない。

 

第6条(契約の解除)
乙は、甲が本契約に違反したときは、何らの通知催告をすることなく直ちに本契約を解除し、甲に対して損害賠償を求めることができる。

 

第7条(信義則)
甲及び乙は、本契約の解釈につき疑義が生じた場合、または本契約に定めのない事項が生じた場合には、お互いに誠実に協議してこれを解決するものとする。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

甲:住所 
氏名             印

 

乙:住所
氏名             印

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(対象)
譲渡対象となる実用新案権について明記する。

 

第2条(対価)
実用新案権譲渡の対価、支払方法について明記する。

 

第3条(移転登録手続)
移転登録手続に関する定めと費用負担を定める。

 

第4条(資料提出)
実用新案権の実施に必要な情報や資料の提供義務についての規定。

 

第5条(秘密保持)
秘密保持義務に関する規定。

 

第6条(契約の解除)
契約を解除する場合の条件を個別のケースに合わせて定める。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。