身元保証契約書

身元保証契約書

身元保証契約書

 

株式会社○○(以下、「甲」という。)と、○○(以下、「乙」という。)とは、甲が雇用する○○(以下、「丙」という。)の身元保証に関して、次の通り契約を締結した。

 

第1条(身元保証)
乙は甲に対し、丙の身元を保証し、丙が甲との労働契約に違反した場合、または、丙が故意又は過失により甲に損害を与えた場合には、これを賠償する責任を負う。

 

第2条(通知)
甲は、次の場合には遅滞なく乙に通知する。
@ 丙に業務上不適任又は不誠実な事跡があり、このため乙の責任を引き起こす恐れがあることを知ったとき
A 丙の任務又は任地を変更し、このため乙の責任が加重されるとき、または乙の丙に対する監督が困難になるとき

 

第3条(解除)
乙は、前条の事実を知ったとき、または、前条の通知を受けたときには、この契約を解除することができるものとする。

 

第4条(契約期間)
本契約の有効期間は5年間とする。ただし、双方合意の上、これを更新することができる。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

甲:所在地
社 名
代表者               印

 

乙:住所
氏名                印

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(身元保証)
雇用する従業員の身元を保証し、何かあった場合には身元保証人が責任を負うという内容の契約書である。

 

第2条(通知)
会社が身元保証人に対して通知する義務についての定め。

 

第3条(解除)
身元保証ができない状態になった場合の解除についての定め。

 

第4条(契約期間)
契約期間を記載する。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。